たゆまず動かず天日にさらされるコーヒー達。

微動だにせず、その実を太陽に身を任せる様はまさに無為自然・・・。

無為自然ふぁなてぃくみかみです。

生産処理シリーズ、ナチュラル編に突入したいと思います。

前回で大まかな3種類の生産処理を区分しましたが(Natural, Washed, Pulped Natural)、今日はNaturalにフォーカスして掘り下げたいと思います。びよーん

Natural Coffeeのバリエーション

  • 一般的なNatural
  • Perla Negra(コスタリカバージョン。ニカラグア/ホンジュラスのとは違います。)
  • Winey Natural
    • Layer式
    • Mountain Dry式
  • Funky Natural
    • Water Contact式
    • Rwanda式
  • Carbonic Maceration
  • DOT(Dried on Tree)

こんくらいかな?最近は処理が複雑で混じってるから分類がむずかしいですね。最終的にコッコ(乾燥したチェリーの名前)の状態でDry MillにてHulling(脱殻)されるものがNaturalにあたりますかね。

一般的なNatural

一番シンプルな方式ですね。ピッキングしたCherryをそのままコンクリートパティオに広げて乾燥させます。収穫後、乾燥させる前に再度ハンドピックして熟度の高いCherryをソーティング(選別)する作業があります。産地行くと女性達が総出で、手作業で行っている風景をよくみますね。

それ以外には、サイフォンと呼ばれる貯水タンクにCherryを投入して、沈んだ密度の高い物をソーティングする方法もあります。(ウエットミル/水洗設備で比重選別水路に通す方法もありますね)

乾燥前にソーティングしておかないといけない理由が実はちゃんとあります。チェリーは乾燥が進むと青い未熟果実も完熟果実もまったく同じ黒いレーズンみたいな色に変色してしまうので、乾燥後の選別は目視では不可能なのです。なので乾燥前に手作業や比重選別で熟度をそろえる必要があります。そうすることで以下の物がはじき出されます。

  • ・青いチェリー
  • ・比重の軽いチェリー
  • ・乾燥、追熟が行き過ぎて黒いレーズンみたいになった物(通称ボイア)
  • ・剥けてしまったチェリー
  • ・夾雑物

乾燥は約4週間から30日。天候によって期間が変わります。水分値約12%程度まで(あれ?20%だったっけ?)乾燥するのが一般的ですかね?もし途中で雨が降ったりした場合は黒いビニール袋で覆って雨露をしのぎます。また明け方も結露するので夕方以降はビニールで覆って夜を越します。

ちなみに水を使った比重選別を行っていないNaturalでは乾燥後、出荷直前のDry Millでの精選がかなり重要です。Dry Millの詳細な行程はまた別の機会に書きます。先ほどソーティングで熟度をそろえると言いましたが、Cherryの中には見た目は真っ赤なのに、内部の生豆に発達異常、不足が発生している場合があります。

サイフォンやウエットミルで水を使ってチェリーの比重選別をしていればまだ大丈夫なのですが、そうでない場合はDry Millで精度の高い比重選別やスクリーニングを行う必要があります。なのでNaturalの場合は特にDry Millingにはこだわりたいですね・・・。

Perla Negra(African Bed乾燥)

英語でいうブラックパール。“黒い真珠”と言う意味です(きれいな黒い色してるからかね?)。ちなみにここではコスタリカのNaturalを指します(ホンジュラス、ニカラグアはPulped Naturalのカテゴリー。次々回に解説するね!!)。

Perla Negra方式では熟度の高いチェリーをハンドピック(選別摘果)した後に水を使って比重選別を行っています。

そしてさらにAfrican Bed(Suspended Patioともいう)という高床式でネットが張られた乾燥台でゆっくり乾燥されます。より気を使っている所だと、乾燥台の上にひさしがあって直射日光を防ぐものシェードタイプのものや、グリーンハウスみたいにビニールの小屋の内部に設置されている物もあります(セカドーラって言います・・・スペルわかんね・・・汗)。

コンクリートパティオみたいな地面ではないので、ほこりや異物、バクテリアなどの混入が少なく、また下面がネットになっているので乾燥効率がいいです。それでも3-4週間は乾燥にかかります。最近コスタリカはSlow Dry(ゆっくり乾燥)にこだわっているので(その方が生豆内部のフレーバー、糖結晶を傷めず、水分活性値を低く維持しやすいらしい)、結局30日位かけているところもあります。

なおAfrican Bed発祥のアフリカ、特に最近のルワンダやブルンジは上記シェードのついた乾燥棚でNaturalやったりしてますね。なお最近はワイニーなフレーバーが流行っているので、次の処理を組み合わせる場合も多いです。

1 2